こんばんは。高村電器三代目の高村よしたけです。

 

1月17日、もう23年がたつんですね。

 

23年前、阪神淡路大震災のニュースをテレビで見たとき、とてもショックでした。

小国に戻ってきて5ヶ月半の時、
5ヶ月半前まで僕が住んでいた場所だったからです。

 

神戸市のホームページに当時の写真があります。

写真左上が神戸市兵庫区の兵庫駅。写真下のグラウンドのすぐ南あたりに当時僕は住んでいました。

(写真提供:神戸市 撮影日1995年1月17日)

 

 

当時被害が大きかったのが火災。その6割が「通電火災」とよばれるものだったそうです。

こちらのブログに詳しく書かれています。ぜひ読んでみてください。

 

大事なことは、地震などの災害時の避難するときに「必ずメインのブレーカーを落とす」ということです。

 

 

阪神淡路大震災が起こって20年以上たってから、熊本地震がありました。日本全国どこで起こってもおかしくないといわれる今の時代です。

避難するときには「必ずメインのブレーカーを落とす」ということを頭において、もしもの時のために備えておきたいですね。

 

 

あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

The following two tabs change content below.

高村 喜威

熊本県阿蘇の小国町にて創業70周年! (有)高村電器の三代目、高村喜威(よしたけ)です。